医師の求人を眺めること10数年

医師求人は比較的探しやすくなった

医師求人は比較的探しやすくなった / 勤務医の平均寿命は短い!労働環境が影響 / 医者の口コミは少ないので職場環境を把握は難しい

医師求人は今でこそインターネットが発展して比較的探しやすくなっていますが、10数年前まではどこを探せば出ているのか分からないような状態だったと思います。
大学生のときに知り合った友人や知人、恩師などを介して仕事が紹介されるといった流れの方が主要であったのではないでしょうか。
大学にも求人が出されているのですが、それを利用してどの程度の人が職を得ていたのかは不明です。
ただ、これは私が周囲の人と就職の具体的な活動方法を話したことがないこともあるかも知れません。
基本的に医師は大学を卒業する過程でどこかの医局に入局する必要に迫られます。

医局に入局した後、所属している医局の指示によって医師は研修先や勤務先を決定されるというような仕組みが出来ているのです。
ドラマで描かれたり社会問題になったりしたことや、インターネットの発達でこの医局の力は大分弱まっていると言われていますが、それでもなおも大きな影響を持っていると考えられます。
しかし、この医局への入局を快く思わない私のような人間もいるということです。
日本の医学部を出ずに海外の医学部を出て免許を得たような人には、この制度は多分ですが、馴染みません。

医師の求人サイト常勤医師募集